スマホを使った盗聴とその対策

ニュースで、スマホのアプリを使った盗聴についての報道がありました。

そんなことってあるのでしょうか。
スマホを使って盗聴できるのであらば、誰でも盗聴に遭う危険性があります。

スマホアプリでの盗聴ってどういうこと?

簡単に言えば、スマホの中に仕組んだアプリを使ってマイクやカメラをスマホの所有者に悟られず起動して、音声や画像をインターネットを利用して取得することです。
買ったばかりのスマホには、こういったアプリは入っていません。
また、スマホは、誰かがアプリを入れない限り、勝手にアプリがインストールされることはありません。
スマホは、もし盗聴器として利用した場合には、かなり強力な道具になってしまいます。
常時通信できる状態なので、いつでも相手の音声、画像を取得することができる。
GPSが付いているので、位置までもが正確にリアルタイムで把握できる
常に肌身は出さず持ち歩いている
滅多に電源を切ることはない

勝手にアプリを入れる?

どうやって勝手にアプリを導入するのか。手段は二つあります。

ターゲットのスマホを手に入れてアプリをインストール

一番ありうるのが、盗聴したい人のスマホをなんらかの方法で手に入れてアプリを導入する方法です。
個人の生活を盗聴したいと思う人は、身近な人がほとんどです。
タレントなどの場合は、多くの人が私生活を見たいと思うかもしれませんが。
身近な人であれば、なんらかの理由をつけて盗聴したい人からスマホを手に入れることは簡単です。
アプリをインストールするためにはパスワードが必要になることが多いですが、例えばAndroidスマホなどは、パスワードは一種のパターン認識のようになっていますから、身近な人には割と簡単にバレてしまいます。
知り合いであれば、特にAndroidスマホであれば、比較的簡単に盗聴のためのアプリを導入することができます。

メールなどによりウィルスを送りつけてアプリをインストール

これはパソコンなどのウィルスによる攻撃と同じような感じになるかと思います。
メールに添付されたファイルをダブルクリックするなどによって、盗聴用のアプリがスマホ内にインストールされてしまいます。

知らずに自分で盗聴用アプリをインストールしてしまう

メールやメッセンジャーなどで、知り合いから勧められたアプリを、なんの疑いもなく導入することは危険です。
知り合いがいいたずら心で盗聴用アプリをなんの問題もないアプリと偽って勧めてくることだってあります。
残念ながら、信じていた人に裏切れらるケースって多いんです。

盗聴用アプリが動作していることは意外と分かりにくいかも

アプリによっては、音声や画像を常時送信しないようになっているかもしれません。
音声や画像などを送信していると、パケット量が増えるなどで、様子がおかしいことが簡単にわかってしまいます。
でも、昼間は録音、録画しておき、深夜になってスマホの所有者が寝ている間にまとめて送信するとしたら、利用者にばれにくいでしょう。
もし良からぬものが盗聴用としてアプリを作るとしたら、実効性のある盗聴ができるように、それぐらいの対応ができるようなものを作る可能性は大いにあります。

どうやって対策したらいいの

無用なアプリは導入しない

片っ端からアプリを導入すると、整理ができなくなりますから、不審なアプリが導入されていたとしても気づかないことがほとんどです。
無用なアプリは導入せず、導入したアプリは必ず使って評価して必要性を確認して、必要ないと思ったら即座にアンインストールしましょう。

定期的にスマホをリスタートさせる

スマホは、基本的にはリスタートすればアプリは一旦全部OFFになります。
ですから、不審なアプリが動作していたとしても、アプリの動作を止めることはできます。
ただ、一定時間スマホ本体が立ち上がっていると自動的にアプリを立ち上げるようにすることは可能ですから、注意は必要です。

IT系に詳しい人を味方につける

ITに関して相談できる信用できる人を見つけましょう。
不審なアプリがインストールされているかどうかチェックしてくれる、不審なアプリが動作しているかどうかまでもチェックしてくれるようになります。
同年代の異性だと信用できないことが多いので、同性か、年齢が離れている人を選ぶといいでしょう。

AndroidからiPhoneに変更する

Androidは自由にアプリがインストールできます。
これはこれで非常に利便性が高いのですが、怪しいアプリも知らぬ間にインストールされてしまう可能性が高いです。
それに比べてiPhoneはアプリのインストールはアップルが設営しているAppStoreからしかダウンロードできませんので、盗聴などの不審な動作をするアプリがインストールされる可能性は少なくなります。
情報セキュリティを重視する企業のスマホは、多くがiPhoneであることは、こういったことも理由の一つなのです。

セキュリティソフトを入れてみる

スマホって、簡単に機種変更はできませんよね。
そういった場合には、スマホ用のセキュリティソフトを導入してみるといいと思います。
最近は良いスマホ用のセキュリティソフトが販売されています。
大手セキュリティソフト会社では、WindowsPCやMac、AndroidやiOSまでに対応したセキュリティソフトを販売しています。
この際、パソコンも含めてセキュリティソフトを導入するのもありです。
大手のセキュリティソフト会社では、今後はスマホを新しいターゲット捉え、力を入れてきています。
まずは安心感を手に入れてみるのもいいと思います。

ノートン

大手老舗のセキュリティソフトです。
20年以上の実績と最先端テクノロジーで、世界約200カ国に安心を届けています。
月額89円/台から選べる1台から5台まで、PCもMacもスマホもタブレットも、Windows 10を含むマルチデバイスに対応しています。
60日間返金保証・ウイルス駆除サービス・24時間いつでもチャットサポートが付き、万全のバックアップ体制を提供します。5台版ならお子様のネット利用を安心して見守る保護者機能つき。
私が勤務していた会社でも使用していました。
#1 世界売上シェアNo.1だから安心!というところもあります。
20年以上の実績と最先端テクノロジーで、世界約200カ国に安心を届けています。


カスペルスキー

防御力の高さと動作の軽さで高く評価されていて、世界的評価機関による性能比較テストでも5年連続1位を獲得しています。※
※2011年~2015年 AV-Comparativesでの評価
無料の30日間体験版があるので、まずは使ってみて判断することができるのも安心です。


それでも盗聴が心配なあなたへ!

〇心当たりはありませんか?
・家の周りで怪しい同じ車を何度も見る
・電話中に原因不明のノイズが聞こえる
・自分の情報が勝手にネットに載っている
・なんとなく監視されている気配がする
・知らない人から連絡が来る、誰も知らないはずの情報を知っている人がいる
こんなときにはすぐに盗聴器発見110番へ

〇不安な気持ちはすぐに解消します!親切丁寧な盗聴器のプロがお伺いします。
盗聴器が我が家にあると思うだけで怖い気持ちでいっぱいになります。
弊社では盗聴器のプロがご自宅へお伺いし、親切丁寧をモットーにお客様の不安を取り除きます。
徹底した盗聴器発見調査ですのでご安心ください。

〇明朗会計でわかりやすい、お見積り金額以上はいただきません。
調査費用は20平米までで20,000円から。盗聴器のプロがお見積りに伺います。
現地調査をしっかりおこないお見積りを算出しますので作業後の追加料金はありません。
調査費用の内訳:調査スタッフ人件費+調査場所への移動費+盗聴器材使用料

〇盗聴器は思っている以上に世間に出回っています。
盗聴器は年間で300,000個、1日当たり800個が販売されていると言われています。
しかし盗聴器の発見はそのうち7%以下ですので、ほとんどの盗聴器が発見されていないということになるのです。

〇最近怪しい気配を感じていて不安な方

〇勘違いかもしれないけど安心したいから盗聴器が付いていないか見てもらいたい方

〇盗聴器を探してもらう金額が知りたい方

すぐ、リンクをクリック!


関連記事

浮気調査で探偵にプライバシー丸裸

現代の携帯電話は盗聴できない!

ウィルス対策ソフトの必要性について

盗聴器が見つかった、もしくはあるのが確実な時

情報を全てを隠そうとするから漏洩する

個人の情報を守る:自分の氏名