浮気調査で探偵にプライバシー丸裸

最近の技術の進歩はすごくて、探偵社に浮気調査を依頼すると、すごく性格で詳細な報告書が上がってきます。
普通の人であっても、プライバシーの大部分が丸裸になってしまいます。

GPSによる立ち寄り先調査

最近では、GPSロガーを利用して立ち寄り先の調査をします。
GPSロガーとは、GPSの電波を受信して、位置情報を記録する装置です。
電池や情報を記録できる容量により、どれくらいの間隔で位置情報を記録する関わります。
間隔を細かくすればするほど、位置情報の量が多くなり、また、機械の消費電力が大きくなりますので大きな電池が必要となり、本体も大きくなってしまいます。

GPSロガーはとても小さいから調査対象にばれにくい

今のGPSロガーはとても小さく、例えば下の写真のものだと大きさかが4cm×4cm、重さが41gと、とても小さいくなっています。

これですと、例えばカバンの中に忍び込まされていたとしても、なかなか気づかないのではないでしょうか。
ストーカーが、気に入っている女子高生の自転車のサドルの裏側にGPSロガーをつけて、日常の立ち寄り先をチェックしていたという報道もあります。

簡単に車の底部に設置できる便利なGPSロガーもある

車にGPSロガーをつければ、その車の立ち寄り先は、克明に判明してしまいます。
今は、下の写真のように、磁石でGPSロガーを車の下に簡単に取り付けることができるようになっていてます。

車の下なんか普通のぞきませんし、車は大抵屋外にあり、所有者の管理下に無い時間がほとんどですから、簡単に設置することができます。

GPSロガーはどれだけ有効?

GPSであれば、最大数十メートルの誤差で位置がわかってしまいます。
電車の中や車の中では若干位置がずれるますが、それでも数百メートルの誤差で位置がわかってしまいます。
一度設置するレバ10日ぐらい動作しますので、大抵の立ち寄り先は判明してしまいます。

具体的にどうやって調査するの

対象者が日常利用するものに設置

調査対象者のカバンや身に付けるものに装着、もしくは車の底などに設置します。
カバンであれば、両面テープなどで底部もしくは蓋の裏側に設置します。
車であれば、バンパーの裏側などに両面テープで設置するか、底部に磁石などで設置します。
最近の車のバンパーはプラスティック製のものが多いので、GPSの電波はきちんと受信できるようです。

ある程度の期間を過ぎたら回収

ある程度の期間を過ぎたら、GPSロガーを回収して、たまった位置情報を本体から吸い出します。
位置情報は、GoogleマップやGoogleアースなどを利用して、視覚的に位置情報を表示させることができます。

一週間もあれば浮気しているかどうかバレる

一週間程度設置すれば、浮気しているかどうかがなんとなくわかります。
浮気していれば、本当は毎日会いたいけど、毎日会っていると浮気がバレてしまうから、一日置きとか一週間に一回とか。
だから、一週間も位置を調査すれば、浮気しているかどうかはわかります。

尾行で決定的瞬間を抑える

位置情報により浮気していることが判明した場合、状況によりさらなる調査を実施します。
この場合は、人による尾行が中心となります。
尾行によりホテルや浮気相手の自宅などに立ち入った証拠として写真を撮り、証拠固めを行います。

泊まりがけの外出に対応することもある

浮気の状況によっては、さらなる調査をすることがあります。
例えば一度発覚した浮気が切れていなかった場合、一度足がついた場所で出会うことはまずありません。
出会う場所は、双方の全く関係の無い場所が選ばれます。
その場合、出張や友達との旅行と偽って出かけることがほとんどです。
何れにしても、泊まりがけで旅行する場合も、必要に応じて探偵が出かけて、現場を抑えることがあります。
この時、GPS情報も合わせて撮って、立ち寄り先が写真以外でも証明できれば、かなり決定的な浮気の証拠となります。

GPSによる立ち寄り先調査は違法じゃ無いの?

GPSロガーの設置は違法で無い可能性が高い

GPSによる立ち寄り先調査は違法じゃ無いの?という問い合わせをよく受けます。
結論から言うと、立ち寄り先調査にGPSを利用したらいけないと言う法律はありません。
ただし、例えば、夫婦ならばお互いの持ち物は夫婦共有の財産ということができますが、夫婦でなければ、相手の財産である車やカバンなどにGPSロガーを設置するのは、法的には問題があるかもしれません。

スマホのGPS機能のハッキングは違法である可能性が高い

今回は触れませんでしたが、最近のスマホにはまず間違いなくGPSがついていて、これを利用して相手の位置情報を知ることができます。
しかしこれは、電子機器への違法な侵入ということにより、違法である可能性が高いので、活用は慎重に検討する必要があります。

GPS利用を利用すればプライバシーは丸裸だから、素人が手を出すのは危険

このように、GPSを利用すれば、かなりの精度で立ち寄り先がわかってしまいます。
もし、探偵社に頼まないで個人でGPSロガーを利用した場合は、電池がなくなる心配さえしていれば、相手に気づかれない限りほぼ無制限で利用することができます。
しかし、立ち寄り先だけでは、浮気の決定的な証拠にならないばかりか、相手がプライバシーを侵害されたことを盾に、逆ギレしてしまうことだってあります。
個人による調査は浮気しているかどうかの確認にとどめ、もしそれで浮気している可能性が大いに高まった場合、決定的な瞬間を掴み、かつ、その後のアドバイスを得るためにも、専門の探偵事務所に依頼した方が無難です。

それでも盗聴が心配なあなたへ!

〇心当たりはありませんか?
・家の周りで怪しい同じ車を何度も見る
・電話中に原因不明のノイズが聞こえる
・自分の情報が勝手にネットに載っている
・なんとなく監視されている気配がする
・知らない人から連絡が来る、誰も知らないはずの情報を知っている人がいる
こんなときにはすぐに盗聴器発見110番へ

〇不安な気持ちはすぐに解消します!親切丁寧な盗聴器のプロがお伺いします。
盗聴器が我が家にあると思うだけで怖い気持ちでいっぱいになります。
弊社では盗聴器のプロがご自宅へお伺いし、親切丁寧をモットーにお客様の不安を取り除きます。
徹底した盗聴器発見調査ですのでご安心ください。

〇明朗会計でわかりやすい、お見積り金額以上はいただきません。
調査費用は20平米までで20,000円から。盗聴器のプロがお見積りに伺います。
現地調査をしっかりおこないお見積りを算出しますので作業後の追加料金はありません。
調査費用の内訳:調査スタッフ人件費+調査場所への移動費+盗聴器材使用料

〇盗聴器は思っている以上に世間に出回っています。
盗聴器は年間で300,000個、1日当たり800個が販売されていると言われています。
しかし盗聴器の発見はそのうち7%以下ですので、ほとんどの盗聴器が発見されていないということになるのです。

〇最近怪しい気配を感じていて不安な方

〇勘違いかもしれないけど安心したいから盗聴器が付いていないか見てもらいたい方

〇盗聴器を探してもらう金額が知りたい方

すぐ、リンクをクリック!


関連記事

一人暮らし女性のための防犯対策

盗聴について

盗聴器の発見方法

気づかない間に自ら個人情報を公開してしまっている

スマホが盗聴器に変身してしまう!

安全な通信手段について考えてみよう