パソコンが盗聴される?

ウィルスなどにハッキングされなくても、パソコンの情報を盗み出すことができるそうです。

パソコンから出ている微弱な電磁波を受信しパソコンの画面を盗聴するのだそうです。

2004年というかなり古いニュースです。
「10万円の受信機でパソコンからの漏洩電磁波を“盗聴”できる」――ISTがデモ


パソコンから発せられる電磁波で情報が漏れる?

本当にパソコンから漏れている電磁波で、パソコンを盗聴することができるのでしょうか。
結論から言うと、かなり良い条件であれば可能ですが、一般的な環境では不可能です。
少し古いニュースですので、今は状況がだいぶ変わってきていると思っていいでしょう。

パソコンが発信する電磁波の正体

パソコンが発信している電磁波は、情報を外部に送信することを目的にした「電波」と、電子機器が動作する際に発信される「ノイズ」の二つに分けられます。

電波

Wi-FiやBluetooth
外部と情報をやりとすることを目的に、機能として発信される電波です。

電子機器の動作により発信される「雑音」

CPUや画面を明るくするLEDなどが動作する時に発信する電磁波。
外部との情報をやり取りすることを目的として発信されておらず、特定の情報が載っているわけではありません。

漏れ電気信号

電波を使って外部に情報を送信する目的ではないものでも、電気信号が外部に漏れていることがあります。
液晶画面を表示するための情報を送っているケーブルやUSB端子などから、電気信号が漏れています。

現在の家庭は電磁波だらけ

微弱な電波が発信されている機器は、パソコンだけではありません。
最近はあらゆる家電にCPUが使われていますし、多くの照明器具に使われるようになってきたLEDについている電気制御用インバーターは、大量の電磁波を発生させます。
意外な家電が電磁波を出している
ウォシュレットは、おしり洗浄用の水や便座を温めるための回路から、盛大な電磁波が出ています。


最近では、太陽電池パネルで発電された電力を制御するためにインバータが使用されており、大きな電磁波が放出されています。

現代は、パソコンの電磁波は家電の電磁波で埋もれてしまう

最近は、ノイズを発生する家電が多くなっているので、パソコンの微弱電波は、そのノイズに埋もれてしまうというのが現実です。
相当高性能なアンテナとか受信機を用意すれば、もしかしたらパソコンからの漏れ電波を受信することは可能でしょうが、相当な技術力と資金が必要です。

パソコンには必ずセキュリティソフトを入れよう!

個人でも企業でも、大事なプライバシーや情報を守るため、必ずセキュリティソフトを入れましょう。
セキュリティソフトでは、特定の企業や団体、個人を狙った「ゼロデイ」攻撃には効果がないと言われています。
しかし、ノートンのウィルスソフトなら、ウィルス特有の「ふるまい」を検知し、未知のウィルスソフトも検知する機能を備えています。
たかだか数千円で情報が守れるかもしれないと思えば安いもの。
今すぐ下のバナーをクリックして、あなたのパソコンにノートンセキュリティを導入しましょう!


関連記事

身近な個人の情報を守ることは「今そこにある危機」だ!

メールの添付ファイルをクリックしたら・・・

圧縮されたファイルは要注意

SNSのアカウントが乗っ取られないような対策

HUAWEI機器を禁止する理由

ウィルス対策ソフトの必要性について