Wi-Fiは情報漏洩を心配すべき?

最近はどこに言ってもフリーWi-Fiと呼ばれる、公衆無線LANを使えるようになりました。
スターバックスなどのカフェはもちろんのこと、最近はどんなに辺鄙なところにあるホテルでも無線LANが使えるようになっています。

Wi-Fiは危険?

でも、無線と聞くと、多くの方は「盗聴」という言葉が頭をよぎるのではないでしょうか。

少し前に、Wi-Fiは盗聴可能とか、登頂に成功したとかいう報道によく接しました。
本当にそうなのでしょうか。

結論から言うと、ちゃんと暗号化されたWi-Fiなら、電波を盗聴されることはないです。
しかし、Wi-Fiを設置している人が、情報を盗み出すことを目的にWi-Fiを設置していたとしたら、Wi-Fiからインターネットに接続する途中で情報を盗み見ることは可能です。

Wi-Fi電波の暗号化は、最近ではより強い暗号化方式が導入されてきているので、最新の暗号化方式であれば電波の中身を解読されて情報を抜き取られることはほとんどありません。
電波だから、誰に聞かれているかわからないという感覚を持つ方もいらっしゃいますが、今は、電波だからといっての心配する必要はありません。

インターネットでは暗号化されていない

Wi-Fiでインターネットに接続した後、情報はインターネット上を行き交います。
インターネット上の情報のやり取りは、そのままでは一般的には何も暗号化されていないので、簡単に他人が見ることができるので注意が必要です。
メールの送受信やインターネットサイトでの情報入力など、インターネットを通じた情報は、そのままでは簡単に他人から見ることができるのです。

インターネットでのやり取りを暗号化するには

インターネットで情報をやり取りする場合は、通信全体を暗号化した方が安全です。

インターネットのサイトとのやり取りを暗号化する

インターネットのサイトとのやり取りを暗号化したい場合は、そのサイトのアドレスが「https」で始まるサイトであれば簡単です。
個人の情報、特にクレジットカードの情報などをインターネットサイトで入力する場合は、必ずアドレスが「https」で始まっているかどうかを確認しましょう。
逆に、暗号化されていないサイトの場合は、クレジットカード番号や電話番号などの情報を入力することはやめましょう。
今は、サイトの暗号化自体はそれほど大変なことではありません。
サイトの通信を暗号化していないということは、それだけ相手が情報セキュリティに関心を払っていないということなので、今後どんなトラブルが起きるかわからない業者であるとも言えます。

メールの暗号化は簡単ではない

メールの暗号化は簡単ではりません。
結論として、一般人がメールを暗号化することは難しいと考えていいと思います。
メールは、送信相手のプロバイダーがどんなサーバーを使っているのかを、自分のプロバイダーが事前に知ることができないので、原則として暗号化しないで送信されます。
なので、メールの内容は簡単に他人が知ることできるのです。

どうしてもメールの中身を知られたくない

どうしてもメールの中身を誰にも知られたくない場合に個人でとれる方法は以下の2つです。
メール本文を暗号化して添付ファイルで送る
ただ、添付ファイルは、トロイの木馬というウィルス攻撃の常套手段なため、人によっては受け取ることを嫌う人もたくさんいますので注意が必要です。

SNSのメッセンジャーを使う

簡単なメッセージの送信であれば、SNSのメッセンジャーを使うという手があります。
SNSのサーバーとPCやスマホとの通信は暗号化されていますので、インターネット経由でメッセージのやり取りをしても、内容は暗号化されて、第三者が見ることはできません。
SNSの管理者はメッセージの中身を見ることはできますが、全世界で何万通もやりとりされているメールの全てを見ることは不可能だし、特定の相手のメッセージだけを見ることは技術的には可能ですが、労力の割には報われることの少ない作業と言えるでしょう。

メール自動暗号化サービスを使う

どうしても誰にも見られたくないメールを送る場合は、メールを自動的に暗号化してくれるサービスを使う必要がありますが、別途料金がかかりますので、個人で使うのは現実的ではありません。
こういったサービスは、暗号化した後に自動的にパスワードを作成し、しばらく経ったのちに受信者に送信してくれます。
受信者は、パスワードが送られてきたら、そのメールは信用できると判断できるので、トロイの木馬対策にもなるというわけです。

パソコンには必ずセキュリティソフトを入れよう!

個人でも企業でも、大事なプライバシーや情報を守るため、必ずセキュリティソフトを入れましょう。
セキュリティソフトでは、特定の企業や団体、個人を狙った「ゼロデイ」攻撃には効果がないと言われています。
しかし、ノートンのウィルスソフトなら、ウィルス特有の「ふるまい」を検知し、未知のウィルスソフトも検知する機能を備えています。
たかだか数千円で情報が守れるかもしれないと思えば安いもの。
今すぐ下のバナーをクリックして、あなたのパソコンにノートンセキュリティを導入しましょう!


関連記事

メールの添付ファイルをクリックしたら・・・

HUAWEI機器を禁止する理由

SNSのアカウントが乗っ取られないような対策

パソコンが盗聴される?

身近な個人の情報を守ることは「今そこにある危機」だ!

情報を盗む犯罪者の行動分析