お役所では盗聴が多いらしい・・・

あくまで噂レベルの話なんですが、役所では結構盗聴が多いらしいです。
あくまでも役所内の盗聴ということですが。

明石市長の暴言録音はだれが取った?

盗聴といえば、先日暴言が話題となった明石市長のことを思い出します。

見事な暴言っぷりですが、暴言の録音がとてもきれいに録音されていたのもびっくりしました。

あのきれいな録音状態から考えると、流石に市長が自分が幹部職員を叱責を録音するとは思えないので、叱られている幹部職員が録音していたとしか思えません。

録音して証拠として取っておく文化がある?

役所の方は、なんの理由か知りませんが、会議とか打ち合わせとかで、出席者に断りなく内容を録音するのがお好きなようです。

私なんか、上司から怒られている時に録音しようなんて思わないですから。

怒られたあとで「しまった、録音しておけばパワハラで告発できたのに」って思うんですけど、結局は録音するのを忘れてしまう、これの繰り返しですから。

自分の活動エリアの近くの役所近くで・・・


そういえば、私が済んでいる某氏の市役所のそばでも、盗聴電波が受信できるんです。
あんまりきちんと聞いてはいないんですが、会議なんかの声が聞こえてきたりして、最初はどこかの企業かと思ったんですが、役所は盗聴が多いという噂を聞いたんで、どうも市役所ではないかと。

この市役所には知り合いも多いんで、受信機持ってウロウロしていてい知り合いにあったらさすがにまずいんで、残念ながら調査はできていません。

盗聴器はますます簡単に手に入るようになった


秋葉原などの電気屋さんにいくと、盗聴器は簡単に手に入ります。

最近は、わざわざ秋葉原に行かなくてもネット通販で、さらに簡単に盗聴器を手に入れられる世の中になりました。

盗聴器の録音が簡単になった

盗聴器を手に入れても、ちょっと前までは盗聴器の電波を受信しても録音するためにはいろいろな工作をしなければなりませんでしたが、最近は録音機能がついた受信機が出て生きていますから、いとも簡単録音することができます。

本当に、簡単に色々な盗聴ができる世の中になってきてしまいました。

しかし、電波に関する知識のない人には全くわからない世界なので、全くの無防備状態です。

警戒しよう!


大事な仕事をしている人は、常に盗聴されているかどうか気をつけなきゃいけない世の中になってしまいました。

あなたの会社の情報は漏洩していませんか?

会社のセキュリティ対策は、情報ネットワークだけでは不十分です。

会社の情報漏洩は、パソコンだけではありません。

現代は、スマホなどを使った企業での盗聴、盗撮による情報漏洩が多くなっています。

ライバル企業が妙に自分たちの情報に詳しい、社内から盗難の申告が増えた、顧客からの苦情が増えた、長年の顧客から契約を打ち切られた・・・

それは、盗撮や盗聴で情報が漏洩しているからかもしれません。

一大事になる前に、専門家の調査を受けましょう!


関連記事

企業でのプライバシー保護

盗聴器発見に役立つ人間関係の棚卸し

GPSを悪用したストーカーに注意

個人情報を守る:あなたの持っている情報の整理(情報の棚卸し)

スマホを使った盗聴とその対策

浮気調査で探偵にプライバシー丸裸